ホットヨガの基礎知識

ホットヨガは妊活に効果的!…でも妊娠中はダメ!妊娠超初期の影響は?全部解説します♪

投稿日:

ホットヨガは妊活に効果的な理由と妊娠中・妊娠超初期の影響

 

ホットヨガは健康に良く心身のバランスを整えてくれる運動ですが、妊娠中は控えるべきなのでしょうか?

一方、妊活には良い影響があるとも言われていますから、妊活中でヨガに取り組んでいる女性も多いでしょう。

では妊娠に気がつかなかった妊娠超初期など問題はないのでしょうか?

今回は気になる妊娠とホットヨガの関係について解説していきます。

 

ホットヨガは妊活に効果的?

ホットヨガは妊活に効果的

 

まずはホットヨガと妊活の関係から。

ホットヨガは妊活に良いとされていますが、それはいったいなぜなのでしょうか。

その理由を見ていきましょう。

 

冷え症改善が妊活の第一歩!

 

冷えは妊活の大敵です。

冷え症が原因で生理不順になったり、子宮や卵巣の働きが低下することがあるからです。

 

ホットヨガは暖かい室内で身体を動かすため、身体を内外から温める効果があります。

ホットヨガを行うことで、冷え症を改善できるのです。

身体を芯からしっかり温めることで子宮や卵巣の働きを活発化する効果が期待できます。

 

ストレス発散で体調を安定させる

 

ホットヨガは身体をほぐして適度に筋肉を刺激するため、ストレス解消になります。

深い呼吸をすることでリラックスすることができ、自律神経を調えることができます。

 

ストレスや自律神経の乱れは妊活に悪影響を及ぼします。

心身のバランスを安定させるのにホットヨガは最適です。

ホットヨガで筋肉をほぐしストレッチすることで骨盤矯正にも効果があり、着床にも良い影響が得られます。

 

妊娠中にホットヨガはNG!

妊娠中のヨガはNG

 

妊活にホットヨガが良い影響を与えることはわかりました。

では妊娠してからの運動として、ホットヨガはどうなのでしょうか?

 

結論から言うと、妊娠中のホットヨガはNGです。

一般的に身体に良いホットヨガですが、妊娠中にホットヨガを行うと様々な危険やリスクが伴います。

なぜ妊娠中のホットヨガは良くないのか?説明していきます。

 

脱水症状になる可能性

 

ホットヨガは高温のスタジオでおこなうので大量の汗をかくので、脱水症状になる可能性があります。

特に妊娠初期は悪阻の影響から水分不足になっている場合もあり、脱水症状の危険が高いです。

 

またレッスン中は水分を大量に摂取しなければいけませんが、これが吐き気に繋がることもあります。

「あまり悪阻がひどくないから大丈夫」と思っていても、普段とは体調が異なるので体に負担がかかることは禁物です。

 

腹部を圧迫してしまう

 

ホットヨガには、前屈する、身体をひねるなど妊娠中は避けるべき動きが出てくるため、子宮が刺激されてしまう可能性があります。

またホットヨガには腹部を圧迫するポーズも多数あるため、妊娠中にはやるべきではありません。

 

仮に腹部への直接の圧迫が無くても高温多湿な環境で行うと想像以上に負担になるため、避けたほうが良いでしょう。

リフレッシュなどの目的で運動がしたいなら、軽いウォーキングなどがおすすめです。

 

転倒の危険

 

ホットヨガではバランスの取りにくいポーズをとることもあります。

その上、汗で床が滑りやすくなるため転倒のリスクがあります。

妊娠中の転倒はかなり危険なので極力その危険性は減らしておくべきです。

 

体調不良の原因に

 

妊娠中は普段とは身体の調子がかなり違います。

ホルモンバランスも崩れやすくなり心身共にデリケートになるため、普段は影響が出ないようなことにも気をつけなくてはいけません。

 

たとえば、妊娠中は自律神経の乱れからいつもより汗をかきにくくなることがあります。

そのため身体に熱が溜まり熱中症になってしまう危険性が普段よりも高まります。

 

また、悪阻の影響から栄養不足になることもあります。

その状態でホットヨガなどの運動をすると貧血になるなど体調が悪化してしまいます。

 

妊娠に気がつかなかった!妊娠超初期の影響は?

妊娠超初期で気がつかなかったときのホットヨガの影響

 

妊活にはホットヨガは効果的、でもいざ妊娠するとホットヨガはNG…。

となると、辞め時がちょっと難しいですよね。

 

妊娠直後、いわゆる“妊娠超初期”という時期は妊娠の自覚がないこともあると思います。

「妊娠に気がつかずにホットヨガをしていたけど大丈夫…?」と不安になる人もいるかもしれません。

 

でも大丈夫。

一般的に、妊娠の自覚が無い「妊娠超初期」はホットヨガを継続していても影響はないとされています。

妊娠超初期とは妊娠3週頃までの期間を指し、厳密にはまだこのタイミングでは妊娠は成立していないため、運動やその他の影響もあまり気にする必要は無いと言われています。

 

妊娠が成立し超初期から初期に移行する4週以降になるとホットヨガなど負担のかかる運動は禁物です。

この辺りから悪阻などの症状が出てくることが多いので、体調の変化があればホットヨガは控えるようにしてください。

不安を感じたらすぐに医師に相談するようにしましょう。

妊娠中の身体はデリケートなのでいつも以上に身体をいたわって、くれぐれも無理することのないようにしてくださいね。

 

安定期に入ったらマタニティヨガがおすすめ!

妊娠中期の安定期にはマタニティヨガがおすすめ

 

妊娠中はマタニティヨガを続けるのもおすすめです。

 

マタニティヨガは腹部への影響が少なく、妊娠中の心身の健康に良いとされるヨガ。

マタニティヨガを行うことで、妊娠中の運動不足を解消してむくみや凝りを和らげ、リラックス効果が期待できます。

体調に問題が無ければ臨月までマタニティヨガをする人もいるようです。

出産の際にヨガの呼吸法を身につけると緊張をほぐすことができるとも言われていますよ。

 

ちなみにマタニティヨガを始める時期は医師との相談が必須。

一般的にはつわりがおさまる妊娠13週頃から妊娠20週以降にスタートするケースが多いようです。

レッスンは体調に合わせて無理なく行ってください。

 

マタニティヨガでは頑張ってポーズをとるというよりも、リラックスすることを重視すると良いでしょう。

体質や体調の違いがあるので、終了時に関しても医師と相談するようにしてくださいね。

 

産後ヨガで体の調子を調えて

 

出産後は骨格や体質が妊娠前とは変化しています。

骨盤にゆがみが生じていたり、太りやすい体質になっていることも。

 

そのような出産による身体の変化を改善するために、ホットヨガは産後におすすめです。

多くのホットヨガ教室では骨格矯正のプログラムがありますから、出産で歪んだ骨盤を正して姿勢を良くする効果が期待できますよ。

 

産後のヨガは体型と体質改善におすすめ

 

また、妊娠中の運動不足から下がった基礎代謝を上げ、太りにくい体質を得ることもできます。

ホットヨガのレッスンをすることで筋肉が適度に刺激されて健康を増進できるのです。

 

体調にもよりますが、産後3~6ヶ月ごろからスタートできる場合が多いです。

出産後、体調が安定したらホットヨガのレッスンを受けることをおすすめします。

 

妊娠前後のホットヨガはタイミングを見極めて

 

今回は妊活中(妊娠前)と妊娠超初期、妊娠中期、産後と女性の妊娠とホットヨガの関係について説明しました。

 

体を温め冷えを改善し、心身ともにリラックスできるホットヨガは妊活にも良い影響を与えます。

ただしひとたび妊娠すると高温多湿な環境での運動が負担になり様々なリスクを生むので、妊娠中のホットヨガはNG。

妊娠している間はマタニティヨガで心身ともにリラックスするのもおすすめです。

産後体調が落ち着いたあと、体型や体質の変化が気になったらまたホットヨガに取り組み始めると良いでしょう。

 

妊娠前後は気をつけるべき点も多いですが、女性にとっては嬉しい効果の多いホットヨガですから、身体と相談して上手に続けていきましょう。

-ホットヨガの基礎知識

Copyright© BEING YOGA , 2020 All Rights Reserved.